読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検査

激しい雨音で夜中に起きる。

 

深夜3時。もう一度寝る。

 

早朝6時、仕事へ行く支度をする。

7時15分くらいに家をでる。

 

朝食を食べてなかったのでセブンで、朝食を買う。

会社に着いてから自分のデスクで朝食を食べる。

 

やけに息苦しかった。深呼吸しても呼吸ができない感じ。仕事に身が入らなかった。

 

先輩はとりあえずもう1ヶ月続けるらしい。仕事の問題はこれでクリアした。

 

後は、hiv

 

病院で検査があるのでと言い、定時で帰る。

朝の大雨とは違い、外はとても晴れていた。

 

帰宅し、シャワーを浴びる。背中の真ん中にでかいニキビ?ができていた。

 

「もう詰んだな。」

 

電車に乗り検査会場へ向かう。

 

ニキビの部分から背中を押された感覚がある。不安になりながら検査会社へ着く。

 

保健師のおばさんが、笑顔で対応してくれた。番号札を渡される。

 

待合室で待つ。普通の会社員から、普通のお姉さん、外国人もいた。

 

「番号札◯番の方」

 

次々と呼ばれていく。

 

ついに自分の番が来た。

 

個室に行き、検査の説明を受ける。

ウィンドウピリオドがどうとか、相手は異性か同性か。

余計な事は聞かれなかった。

 

1週間後に結果が出る。その引き換え券を渡される。

 

採血へ向かう。保健師の方が

「早く痛くない、注射でてほしいですねえ」

と、気を紛らわしてくれる。本当にその通りだと思った。

 

結構な量の血を抜かれる。

自分の血は思ってた以上に濃かった。

 

止血した後検査会場を出る。

 

CDショップへ向かい気になってるバンドののCDを探すも売り切れとのこと。

凄い人気になったなあ。

 

雑貨屋や本屋など、何も買わなかったが適当にぶらぶらする。

 

小腹は空いてなかったが、ラーメン屋に入る。

 

完食した後帰路につく。

 

友達からお勧めされたドラマを見てる内に寝落ちしていた。

とてもよく眠れた。

 

左腕に絆創膏貼ってるけど、誰もhivの検査受けたとは思ってないだろうな。

 

今日も出勤する。

なんとなく夏の匂いがした。